消費者金融独自審査【借りれる!】街金融の自社審査さほど甘いものはない!

消費者金融の独自審査は甘い!ゆるい!!大手消費者金融で断られた方必見の自社審査!!

dokujishinsa360x120.jpg

ブラックであることを認識しなきゃ

2017年05月12日 15時49分

消費者金融ではキャッシングのために審査を行うのですが、その基準の公表はしていません。
利用者としては、口コミやホームページの記載されている数字が審査の内容を判断するのですが、審査は甘いと厳しいに区別されることがあり、そのラインは中小企業かどうかということです。
大手消費者金融は厳しい、それ以下は甘いところがあり、甘さのも段階があります。
審査の公表はしていない部分で申込者の細かなデータが確認できず、こんな感じでOKと言うのは予想しかないのですが、同じようなブラックリストでも片方はOK、片方は落ちる事もあります。

ブラックではあちこちに短期間で申込をすると申込ブラックと言われることがありますが、これは金融業者に貸金の申込をしただけで信用情報に記録が乗るためです。
大手消費者金融では、この申込を繰り返すことで、未回収リスクを感じることで審査落ちですが、中小企業のキャッシング会社では、申込ブラックですが、今日はどうしました?とフレンドリーなところもあります。
電話なり面接で、直接担当者と話ができるのが、中小消費者金融です。
そこで聞かれたことに正直に答えたいが、何しろブラックリスト。
申込者がなんとなく見栄を張ったりする部分ですが、ここは絶対に正直になることです。
この正直差がないことで審査に落ちる事もありますが、どんな場合でも虚偽情報があることは審査落ちになります。
中小消費者金融では、ブラックリストの見栄やハッタリ、虚偽の傾向などを見透かす事は簡単です。
いい加減な言葉で誤魔化そうという方はその場で審査落ちになってしまうばかりではなく、多分その他の消費者金融でも借りられないことが多いです。

中小消費者金融に申込をする方で、ここで3社目。
やっと通ったという口コミも多いですが、普通は考えられないことです。
3社目というと、申込ブラックのバリバリですが、中小企業では対応できます。
しかし、信用情報でこれではNGも少なくなく、消費者金融で債務整理を勧められる事も多いです。
憤慨に感じられることですが、ここで債務整理の話がでた場合は、従うことをオススメします。
いやいや、まだあるはずだというのは無駄な抵抗であり、あったとしても闇金である場合がほとんどです。
闇金は消費者金融と全く異質の金融業者で、審査もないのですが、法律も無関係なので、無茶な返済を迫られる事は確実です。
中小消費者金融に審査落ちした場合は、債務整理が妥当な選択です。
dokujishinsa360x120.jpg