消費者金融独自審査【借りれる!】街金融の自社審査さほど甘いものはない!

消費者金融の独自審査は甘い!ゆるい!!大手消費者金融で断られた方必見の自社審査!!

dokujishinsa360x120.jpg

お金借りたい 審査が厳しくない

2017年11月01日 15時03分

お金借りたい審査が厳しくないの関連記事

  1. お金をかりたいけど審査があるって本当?
  2. 審査に通りやすい属性というのはどういったもの?
  3. 審査が厳しくないところから借りたいけど
  4. 自分に有利になるようにお金を借りるには
  5. まずはお金を借りることが大切です
dokujishinsa360x120.jpg

お金をかりたいけど審査があるって本当?

お金を借りるということは当然のことですが、その借りたお金を返済しなくてはいけません。貸す側はどうしてお金を貸すのかというと、お金を借りる人を信用しているからです。「この人ならお金を返してくれる。信用できる人だ」ということです。信用できない人にお金を貸す人はいないでしょう。

身内の間の貸し借りでしたら、信用云々といったものは関係なくほぼ無条件にお金を貸してしまうことでしょう。もっとも、この場合の貸すというのはほとんど「譲る」に等しいものかもしれません。しかし、多くの人はそんな大盤振る舞いな身内を持っているわけではありません。そうなるとお金が必要な場合はどうしたらいいのでしょうか。お金が必要だったらまずは銀行にお金を借りるのが基本でしょう。

口座を開設してお金を貯金しているのだから、お金も問題なく貸してくれるはず…そう思う人は多いはずです。たしかに数百万円という金額を貯金していたら、銀行もお金を貸してくれるでしょう。もっとも、数百万円の借入れでしたら、貯金を崩したほうがいいということになります。この場合、銀行がお金を貸してくれるのは相応の貯金残高があるから、何かあったときも大丈夫と判断するからです。もっとも普通預金でしたらすぐにお金の出し入れができるので、定期預金の場合に有効です。特に定期預金でしたら普通預金残高がゼロになっても定期預金分だけお金を出金することができます。

借金の場合はこれと同じ原理ということですね。もっともこれは定期預金に相応の貯金がなければいけません。これはお金を借りる際に信用云々の前に担保のような働きがあるということですね。

お金を借りたいならまずは銀行を考えてみる

お金を借りたいと考えるとまず頭に浮かぶのが銀行です。しかし、一般の人が銀行からお金を借りるというとどのようなシチュエーションが考えられるでしょうか。まずは住宅ローンですね。家を建てる、あるいは購入するというときにほとんどの人が利用するのが住宅ローンです。

借金が嫌いだから家も現金で買いたいという人もいるかもしれません。しかし家を買おうと思うと数千万円のお金が必要になります。長い目でみると利息もかかりますが、日々の生活もありますから、住宅ローンを利用するのが賢明な方法なのです。住宅ローンの金利は低いですからもっとも利用価値のあるローンと言ってもいいでしょう。それでも35年という長期間の支払いになることが多くいくら低金利でも利息はバカになりません。

しかし、できるだけ頭金を支払って手元に一銭もなくなるというほうが先々不安になることも否定できないのです。そして、銀行でお金を借りるということになるのですが、貯金の有無は関係なく(関係あるかもしれませんがここでは貯金は関係なく考察してみます)考えてみますが、一般的に考えてもお金を貸すということは、お金を返してもらうことを期待するものです。当たり前のことを言っているのですが、たとえば信用のない人にお金を貸すことはありえるでしょうか。自分自身が人からお金を貸してくれと頼まれてもそれが赤の他人だったら貸したいとは思わないでしょう。
その人となりを知らないからです。それでもどうしてもお金を貸してくれと言われたらその人の身辺を探ら
なければいけません。信用のおける人かどうかを調べるためです。それで、身元もしっかりしているし、ちゃんとした仕事についている、なによりもすぐに連絡がとれる…ということでお金を貸してもいいかな、となるかもしれません。余談になりましたが、銀行からお金を借りる場合、カードローンの申し込みをした場合は、審査を受けることになります。

これは銀行などの金融機関、消費者金融会社などの貸金業者といった立場を問わずお金を貸す場合に、申し込み者の信用情報を調査しなくてはいけないのです。この人はお金を貸すときちんと返してくれるのかな?何の面識もない人からの申し込みとなりますから、審査するのは当然のことなのです。そして、金融機関や貸金業者のそれぞれでこの審査基準はまちまちなのです。

どこに申し込んでも審査はまぬがれない

銀行カードローンに融資の申込みをした場合には必ず審査があります。銀行が申込者の信用情報を審査するのです。この場合、まずは信用情報機関に申込者の与信情報の照会を行います。その照会した情報が芳しく無い場合は審査に通ることはありませんし、銀行が信用情報機関からの紹介情報によって得たもの以外に様々な審査を行って融資をするかどうかを決めるのです。これは、銀行だけではなく大手消費者金融会社でも同様のことを行っています。

一般的に銀行の審査は厳しいとされています。住宅ローンの審査に通ったから大丈夫だろうというのは間違いですから、気をつけたほうがいいです。住宅ローンは様々な保証や保険などを締結しているので、債務者が仮に住宅ローンの返済が不能になったとしても資金が回収できるから住宅ローンの締結をしているだけです。ですから、住宅ローンを利用しているからといって銀行から絶大な信用があると考えないほうがいいでしょう(多少なりとも信用はあると思いますが)

まずは上流から考える

上流というのは銀行などの金融機関を指します。そして、大手消費者金融会社、中小消費者金融会社、小規模な消費者金融会社、そして街金です。小規模消費者金融会社と街金はイコールと考えてもよい場合もあります。銀行がもっとも金利が低いので、融資を受けるとしたら銀行系カードローンがもってもよいでしょう。たくさんのカードローン会社がありますが、まず融資の申込みをするとしたら銀行カードローンにしましょう。もっとも、自分の属性が低くて銀行からの借入れは期待できないというのでしたら、銀行はあきらめて消費者金融会社からの融資を期待したほうがいいかもしれません。

というのもいたずらに審査に落ち続けるのも、良い状況とは言えないからです。ですから、審査があるのを踏まえながらその審査に通るように考えなければいけません。しかし、審査はどのように行われるのかは公表されていませんから、推察するしかないのですが、審査をつかさどっていた部署のOBなどからの情報もあり、審査内容はある程度はわかっています。もっとも銀行は消費者金融会社によって審査基準が違います。そのことも十分注意しながら一般的な審査に通りやすい属性なども考えていきます。
▲メニューに戻る
 
dokujishinsa360x120.jpg

審査に通りやすい属性というのはどういったもの?

審査に通りやすい人もいれは審査に通りにくい人もいます。これは端的に言って信用があるかないかということになるのですが、もちろん人間性の問題ではありません。与信状況なども加味されますし本人の客観的な状況を総合的に判断したものが属性なのです。いわばステータスといってもいいでしょうし、融資を受けるさいの信用度と考えてもいいでしょう。信用ということから人間的な器の大きさなども考えてしまいがちですが、それはなく、その人の状況を客観的に表した指数あるいは指標と考えていいでしょう。それでは、この属性というものはどういうふうに決められるのでしょうか。

属性というのはある程度数値化できます。というよりも全てを数値化しているのが現在の現状といえるのです。これはスコアリングとも呼んでいます。直訳すると「点数付け」と言うこともできます。審査はこのようなスコアリングの結果によって変わってくるのです。点数付けですから、最終的には審査に通るのはスコアリングが30点を超えたら合格といったシステマチックなものになるのかもしれません。たとえば、持ち家と借家でしたら、持ち家のある人のほうが属性は高いでしょう。住居という項目で持ち家の人は5点で賃貸の人は3点というようになるでしょう。

これに公営住宅や持ち家でもマンションと一軒家でも違ってくるでしょう。賃貸にも幅があります。それらをスコアリングして点数を付けるということですね。

やはり正社員が一番かも

正社員のほうがいいのは安定した収入ということを考えてもわかりやすいです。雇用形態が不安定になりがちな派遣社員は別名を契約社員と呼んでいて一年ごとに更新するタイプの雇用となると、立場的に不安定になるのはやむをえないのです。正社員、派遣社員、パート・アルバイト、フリーター、無職といったところでしょうか。無職には主婦や学生を入れてもいいのですが、学生専用のカードローンやクレジットカードなどの金融商品もありますから、年齢的な面も考えて別物としてもいいようです。正社員でも勤続年数によって属性の善し悪しが決まってきます。

勤続3年の正社員よりも勤続20年の正社員のほうが属性がよくなるのは間違いありません。細かいことでは自宅に固定電話が有る無しというのも以前は重要なポイントでした、携帯やスマホをほとんどの人が持つようになった現在はその存在価値が薄れてしまった印象がありますが、それでもいまでも重要視しているところもあるようです。

いずれにしても、こういった属性が審査には重要視されます。スコアリングの総合点をそのまま属性として用いている金融機関や貸金業者も少なくないでしょう。
▲メニューに戻る
dokujishinsa360x120.jpg

審査が厳しくないところから借りたいけど

銀行の審査が厳しいのは公然とした事実です。何故銀行は審査が厳しいのかというと他の貸金業者にはない特徴があるからです。同じ金融商品であるカードローンを取り扱っているのにどうしたことかと思う人も少なくないでしょう。しかし、銀行には他の貸金業者にはない特徴があります。それは言わずもがなですが、預金ができるところです。口座開設者からの預金があります。これは言うなれば銀行目線で言うと投資ということになります。

銀行はこの投資されたお金で資産運用をしているのです。当然預かったお金ですから返さなければいけません。というよりも元金保証をしていますから銀行のお金と言うよりも口座開設者のお金であることは間違いないということですね。そういったお金を預かって運用しているのですから、貸し出しには慎重になるということです。住宅ローンは?と思う人もいることでしょう。

住宅ローンは保証会社が介在していますし、生命保険に申込者の加入が義務づけられていますから、万一の場合でも貸し倒れということにはならないのです。銀行は金利を低く設定することもできますし、預かったお金ということで、貸し倒れを確実に回避したいですから、審査にも慎重になるのは致し方ないところかもしれません。

消費者金融会社の審査は緩いっていうけれど

消費者金融会社のカードローンの審査は銀行よりも緩いのは広く知られているとおりです。それは、消費者金融会社はお金を融資することで収益をあげているからです。というよりもそれしか収益の道はないので貸すしか方法がないということですね。属性の低い人に融資するのはある意味リスキーですが、それをしないと収益に結びつかないという面があるのです。大手消費者金融会社は全国的に手広く融資を募っていますから、申し込む人も多いです。

会社の信用もあります。全国的な知名度がありますからね。だからこそ、消費者金融会社の中でも大手は金利を高めに設定することができるのです。消費者金融会社の中でも力関係が存在するということですね。ですから、属性が心配で審査が確実に通るところから借りたいということになると、大手消費者金融会社ではなく、中小の消費者金融会社あるいは街金ということになってしまうでしょう。

選択肢は多いのですが、街金になると金利が上限一杯ということでかなりの利息となるのは覚悟しなくてはいけません。但し街金となると規模が小さくなるので高額融資には向かないということも理解しておかなければいけないのです。
 
▲メニューに戻る
 
dokujishinsa360x120.jpg

自分に有利になるようにお金を借りるには

自分に有利になるようにお金を借りるとなると、やはり銀行系のカードローンに申し込むのが一番です。属性に不安のある人は審査に通る可能性が低くなるかもしれません。また、消費者金融系カードローンでも大手の消費者金融会社のカードローンでしたら金利も銀行並のところもありますからそういったところから借りるのもいいでしょう。もっとも、銀行と同じくらい審査が厳しくなるかもしれませんし、銀行ほどでもないかもしれません。

このあたりは融資の申し込みをしてみないとわからないところもあります。カードローンですから、ローンカードが配布され、それを使うことでいつでもキャッシングできるようになります。借入も限度額ないでしたらいつでも入出金できるのが利用者にとっては大きなメリットとなります。お金を借りることを第一に考えたら消費者金融系ということになるでしょう。
銀行系でしたら、みずほ銀行のカードローンの人気が高いです。最近のニュースでは人員整理が発表されて衝撃が走ったメガバンクですが、収益性を重視しているということで、個人向けの融資にこれまで以上に門戸を広げるかもしれませんね。みずほ銀行カードローンはこれから狙い目になるといえるでしょう。

メガバンクのカードローンでしたら、三井住友銀行カードローンが人気ですから、まずはここを狙いたいところです。ネット銀行の中では新生銀行カードローンレイクなどもいいかもしれません。とにもかくにも銀行ローンというのでしたら、意外とメガバンクのカードローンが狙い目といえますね。申込者の融資条件などは、安定した収入が条件と書いてあることが多いので、正社員以外は無理かもと思うかもしれませんが必ずしもそうではありません。

気になる人は申し込みの前に連絡して聞いてみるのもいいでしょう。あまり高額融資を期待せずに少額融資にすると審査に通る可能性が高くなるようです。そこで実績を積んでカードローン利用者として増額融資の申し込みをするのも手と言えるでしょう。ローンサービスは様々です。そういったサービスはカードローン銀行よりも消費者金融系カードローンのほうが一日の長がありそうですね。返済については、ある程度融通が利くようです。

もちろん延滞はいけませんが、どうしても期日に間に合わないというときは銀行ではすぐに延滞判定となるのですが、消費者金融会社のほうは待ってくれることもあるので、消費者金融会社のほうが、利用者にとっては温かいと言えるでしょう。そういったことを考えると銀行ローンよりも消費者金融系カードローンのほうがいいかもしれません。審査通過も早いですし、ここぞというときに頼りになるのが消費者金融会社なのです。

自営業者となると銀行は事業計画書など細かなことを言ってくることが多いです。そうなると消費者金融会社に流れがちですが、金利が高いので、しっかりとした書類を揃えて銀行からの融資が期待できるというのなら、銀行からの融資を勝ち取らなければいけません。人にはそれぞれ立場がありますから、必ず銀行でなければダメというのではなく、臨機応変にどこが自分にとって有利なのかをしっかりと考えなくてはいけないのです。
▲メニューに戻る
dokujishinsa360x120.jpg

まずはお金を借りることが大切です

お金を借りてしっかりと返済すること、その積み重ねで信用は高まっていきます。信用情報機関にはお金の貸し借りといったものが一件ずつ克明に記録されていっています。消費者金融ごとの融資残高もしっかりとわかりますし、それぞれの債務の利用限度額も把握できています。延滞理由などはうっかりミスでもお金がなくても延滞には変わりがありませんから、状況に関係なく延滞情報として記録されます。この点は機械的に処理されるので気をつけたいところですね。

消費者金融会社や銀行などのサービスはまちまちですが、担当者との交渉といった面では銀行のほうが密な連絡が取りやすいです。それは地場の銀行なら特にそうでしょう。オリコなどの信販系の会社では担当者制をとっているところもあるので、融資のお願いなどの相談にも乗ってくれるでしょう。

専業主婦は一般的に借入れはできないと考えられがちですが、反対に世帯収入があるということで融資を受ける場合が多いです。というのも「専業」という言葉から、配偶者がいて専業でもやっていけるくらいの世帯収入(年収)があるとみなされるからですね。これは兼業主婦とはある意味違った属性があるということになります。
信用情報機関の存在
審査に通るか通らないかというのは信用情報機関からの照会情報が大きなウエイトを占めています。カードローン情報は細かに照会されます。それによって審査に通らないことが多いとなると、信用情報機関に記録されている与信情報を属性の高いものにしていかなければいけないのですが、それには地道に入出金といった取引をこまめに積み上げていくしかないのです。

お金を借りるということ

信用情報を上げていくためには、お金を借りて返済するという実績を作っていくしかありません。クレジットカードの利用だけでも信用を上げていくことはできます。しかし、カードローンを利用するということはクレジットカードとはまた違った目的がある場合が多いでしょう。

融資金額も高額になると思います。そのため、銀行や消費者金融大手のカードローンを利用したいという気持ちが強いのはわかります。しかし審査に通らなければ意味がないので、まずはお金を借りることを最優先にする場合は、街金という選択肢も出てくるのです。

しかし、気をつけたいのはお金を借りることが優先なのか、信用情報を上げたいのが先なのかを考えた場合、融資を申し込む街金が、信用情報機関に加盟していることが条件となります。信用情報機関に加盟していないと、信用をあげることができないからです。

そのような街金から融資を受けると個人間のお金の貸し借りと似たようなものになります。ですから、お金が借りやすく、なおかつ信用情報機関に加盟している街金からの融資が最悪の中でも最良の一手となるということですね。
 
▲メニューに戻る
dokujishinsa360x120.jpg
dokujishinsa360x120.jpg