消費者金融独自審査【借りれる!】街金融の自社審査さほど甘いものはない!

消費者金融の独自審査は甘い!ゆるい!!大手消費者金融で断られた方必見の自社審査!!

dokujishinsa360x120.jpg

借りれる金融

  1. 確実に借りれる金融業者を知りたい
  2. 自分にも借りれる金融業者の探し方とは
  3. 審査が素早く尚且つ借りれる金融業者がベスト
  4. 主婦やフリーターでもお金を借りれる金融機関とは
  5. 10万円や100万円を借りれる金融機関をそれぞれ紹介
 
dokujishinsa360x120.jpg
 

確実に借りれる金融業者を知りたい

お金が必要になったとき、お財布の中や銀行口座などにお金があれば問題ありませんが、給料日がまだ先にも関わらず、予想外の出費が重なって困ることもあります。自分の生活費は日々なんとかやりくりしていても、人付き合いなどもあるため、こうした想定外の出費は意外と多いものです。

そのような場合、頼りになる存在が金融機関です。銀行はもちろん、消費者金融や街金融などいわゆるノンバンク系の融資会社も多数あります。こうした金融業者がカードローンやフリーローン、目的自由ローンなどそれぞれの名称や呼び方で、個人に融資をおこなうサービスを提供しています。ローンカードを持ち、融資を受けられるのです。

また、クレジットカードにもキャッシング枠というサービスがあり、この与信枠や限度額の範囲内でお金を借りることができます。いずれも利用者になるためには、業者サイドへの申し込みのあとに必ず審査がありますが、言い換えればこの審査さえクリアすれば限度額の範囲内でお金を何度でも借りることができるため、利便性はとても高いサービスと言われています。一度審査を受けてしまえば、その後は審査なしで上限額の範囲内であれば返済しながら新たな借入をおこなうこともできるのです。

しかし、審査があるということは、残念ながら審査で落とされてしまうケースもあります。つまりは借りれないケースがあるのです。そのため、どうしてもお金が必要ならば借りれる金融機関がどこなのかを把握しておく必要があります。

人それぞれ職業も年収も属性も違うため、一概に言い切ることはできませんが、多くの方に優しい金融機関も存在します。公務員や正社員の方であれば借りれる金融業者は多いですが、特にフリーターや学生、主婦の皆さんなどは借りれる金融機関があるのか心配になるはずです。

しかし、このような属性の方であっても問題なく借りれるため、安心してください。極端な例で言えば学生が銀行カードローンを通して融資を受けるようなケースもあるため、お金を借りれる金融業者を探しているならば、まずは前向きな気持ちで業者探しをおこなうことをオススメします。
 
▲メニューに戻る
 
dokujishinsa360x120.jpg
 

自分にも借りれる金融業者の探し方とは

借りれる金融業者を探したいと考える場合、まずは自分の属性を理解することが重要です。なぜなら、属性によって融資可能なケースとそうではないケースに分かれるため、どのような業者に申し込みをおこなうべきかが変わるからです。

たとえば、公務員や正社員などであれば、銀行カードローンも消費者金融会社のキャッシングも、ほぼ全ての金融機関から審査の承認を得ることができます。

もちろん、すでに他社で借り入れがあったり、過去に債務整理をおこなっているような場合には別の話ですが、基本的に信用情報機関に登録されている個人情報がブラックでないなどの状況ならば、このような属性の持ち主はかなりスムーズな回答を得られ、即座に融資が受けられる可能性が高いです。

そのほかの属性の場合も、銀行カードローンやキャッシングサービスなどを利用可能です。契約社員、派遣社員、自営業者などがその一例です。さらにフリーターやパート従業員、個人事業主などであっても同様です。こちらも自己破産や任意整理などの債務整理、さらには過去の支払いや今現在の借入状況に問題がなければ、借りれる金融機関はスグに見つかるはずです。また、学生の場合には親の承諾が必要になるケースが大半です。そのため、この点は留意しておきましょう。

さらに、専業主婦の場合には銀行カードローンからの借入が望ましいです。消費者金融は総量規制という法律の中で運用されており、年収の3分の1までの金額しか融資できないことになっています。つまり、融資をおこなう上で前提になるのが収入なのです。そのため、専業主婦の場合には年収を提示できないために消費者金融からの融資は厳しいものがあります。

ただし、総量規制の適用外である銀行からの融資は受けることが可能なケースが多いのです。そのため、自分自身に収入がない人が借りれる金融業者を見つけたいと考える場合には、消費者金融や街金融などは選択肢から排除して、メガバンクや都市銀行、地方銀行や信用金庫などが提供している銀行系カードローンのサービスを使ってキャッシングすることを考えてみましょう。
 
▲メニューに戻る
 
dokujishinsa360x120.jpg
 

審査が素早く尚且つ借りれる金融業者がベスト

自分にお金を貸してくれる金融機関を探したいということは、お金を急いで借りたいと考えている証です。そのため、今現在借りれる金融業者探しをおこなっている人の中には、場合によっては今日明日にでもお金を用意したいと考えている人もいるはずです。

そのような方々にとって、お金を貸してくれる金融業者はとてもありがたいものですが、尚且つスピーディーな対応をおこなってくれる業者でなければ、意味がないはずです。いくらお金を貸してくれる業者であったとしても、その融資実行が1か月後では意味がないからです。

無論、1カ月後でも構わない人もいるでしょうが、やはり大半は近日中にお金を融資してもらいたいと考えているはずです。そのため、数多くある金融業者に目を向ける際には、スピーディーなカードローン審査など、スピード感のある対応力を見せてくれる業者選びという視点ももっておきましょう。

銀行系カードローンであっても、クレジットカードや消費者金融からのキャッシングであっても、必ず新規の申し込みがあった際には利用者に返済能力があるのかどうかを担当者が審査することとなります。返済能力や過去の融資実績などを調べます。この審査の可否がでるまでの時間には業者ごとに差がありますが、審査結果を早期に出してくれる業者ほど素早い融資実行につながるわけですから、審査が速い業者を見つけ出すことも大切です。

どのぐらいの差があるかといえば、とある金融業者は審査の可否を出すまでに1か月近い時間をかける一方で、ほかの金融業者の中には最短30分で審査の可否を出してくれるケースがあるのです。これほどの差があるため、どの業者を選んで申し込みをおこなうかで、融資を受けられるまでのスピードはまったく違ってくるのです。

そして、以前のイメージで言えば銀行は審査に時間がかかり、消費者金融は早いという印象をお持ちの方もいます。しかしながら、今は審査の速度に大きな違いはなくなっています。銀行カードローンであっても即日審査即日融資を実行しているケースもあるからです。無論、時間がかかる銀行カードローンもありますが、それは消費者金融キャッシングであっても同様です。

つまり、銀行なのか街金なのかによる違いは今はありません。あくまでもそれぞれの業者ごとに異なっていますので、それぞれの業者のサイトなどに掲載されている審査時間や口コミ評価情報などを参考に、素早い審査をおこなう業者を探し当てましょう。
 
▲メニューに戻る
 
dokujishinsa360x120.jpg
 

主婦やフリーターでもお金を借りれる金融機関とは

それぞれの人々が自分でもお金を借りれる金融機関を探したい場合、特に主婦やフリーターの場合、自分の立場を改めて考えて融資が厳しいのではないかと、後ろ向きな気持ちをもってしまう人もいます。

しかし、こうした属性を持っている人が申し込みをおこなうからと言って、即座に審査で落とされるわけではありません。主婦やフリーターという肩書きを申込書に堂々と書いて、その上で審査を通過しているケースがあるのです。だからこそ即座に諦めるという行動に出るのではなく、自分でもお金を借りれる金融機関はどこなのかを探す行動に出ましょう。

そして、そもそもフリーターという肩書きの場合、銀行カードローンや消費者金融でのキャッシング、クレジットカードのキャッシング枠を利用しての融資など、ほぼ全てのパターンにおいて融資を受けられる可能性があります。最終的には個人の借入状況や過去の返済状況などによって判断される物事ですが、フリーターという肩書きだけで落とされるようなことはありません。

フリーターの場合、収入が安定しないと思われてしまうと考えがちですが、毎月シフトで勤務している人が多く、結果として収入は安定している場合が多いのです。下手な自営業者や個人事業主よりも収入が安定していることが多いのです。そのため、結果的に信用度が高い存在として認めてくれる業者は多いため、安心しましょう。

また、主婦の場合にも同様でパート勤務をしているのであれば、結果として毎月の収入は安定しているわけですから、こちらも融資を受けられる可能性が高いのです。ただし、主婦の中でも自分自身が無収入の専業主婦の場合には、夫の同意が求められることがあります。

しかし、夫に内緒でお金を借りたいと考える人もいます。そのような場合には、銀行カードローンを活用しましょう。銀行カードローンならばお金を融資してもらえる可能性が高く、尚且つ家族の同意も不要のため、まずは相談してみましょう。このように基本的に多くの人が融資を受けられますし、中には年金受給者という存在もあります。そのため、簡単に諦めないでまずは相談することが大切です。
 
▲メニューに戻る
 
dokujishinsa360x120.jpg
 

10万円や100万円を借りれる金融機関をそれぞれ紹介

お金を借りたい場合、人それぞれの事情を抱えた上でお金を借りたいという結論に達しているはずです。そして、その事情に応じて借りたい金額も異なるはずです。10万円を借りたい人もいれば100万円を借りたい人もいるはずです。たとえば引越しが急遽決まれば敷金や礼金、仲介手数料、前家賃などを含めれば相当額になりますし、引っ越し業者への依頼費用なども踏まえれば100万円近い金額になることもあるはずです。

このような金額を急遽用意しなければならず、尚且つ手持ちがないとなれば気持ちは焦るばかりでしょうが、金融業者がしっかりと貸してくれるケースも多いため、まずはこうした業者を探すことに労力を割きましょう。

ただし、借りたい金額が10万円なのか100万円なのかによって選ぶべき業者は異なります。特に10万円の場合はまだしも、100万円を借りたい場合には要注意です。なぜならそれぞれの金融業者ごとに上限額は異なるからです。

個人それぞれの審査結果による融資の上限額というものもありますが、それとは別にそもそも論としてその業者が貸し出す上限額が設けられているのです。この金額が、300万円や500万円などという業者もありますが、中には上限が50万円という場合もあります。つまり、審査によってどんなに良質な申し込み者と判断されても、その業者の上限額が50万円であれば、いくら100万円を借りたいと考えても不可能なのです。

そのため、それぞれの金融業者が設けている上限額は予め把握しておき、自分が借りたい金額がその範囲に入っているかどうかを確認しましょう。この確認をしないまま申し込みをおこない、融資のための審査を受けても時間の無駄となってしまいます。それぞれの業者の上限額はホームページなどに必ず記載されていますので、これらの情報をチェックしましょう。

場合によっては上限が800万円というケースもあるため、自分が欲しい金額を借りれる金融機関を探し出すことに集中しましょう。さらにそれぞれ金利も異なりますので、金利面からも業者を選別しましょう。
 
▲メニューに戻る
 
dokujishinsa360x120.jpg

お金を借りれる金融がないブラックでも借りれる方法とは?

2018年09月11日 15時02分

カードローン審査に全く通らないから、お金が借りたい人も全然お手上げ状態。だとしたら、ブラック融資であればお金が借りれると思います。カードローンで借りれない人でもお金が借りれる方法となっているので、銀行…

どんな人でもお金借りれる方法ってどんな金融?

2018年09月11日 15時12分

カードローンで借りたいと思っていても、全然借りれないんだとしたら、審査ブラックだからお金が借りれないのかもしれません。自己破産していたり融資が受けられないブラックであれば、銀行カードローンなどでお金が…
dokujishinsa360x120.jpg