消費者金融独自審査【借りれる!】街金融の自社審査さほど甘いものはない!

消費者金融の独自審査は甘い!ゆるい!!大手消費者金融で断られた方必見の自社審査!!

dokujishinsa360x120.jpg

ブラックでも借りれる自社審査

2017年08月17日 11時34分

自社審査とか、独自審査というと、甘い審査が対象になることが多いです。
事実、大手消費者金融や銀行カードローン審査では使われないことです。

自社審査=中小消費者金融

中小消費者金融の特徴は、借りやすい審査であることです。
ブラック対応とされるところが多いため、利用者の多くは大手消費者金融審査落ちを経験しているようです。
アロー公式ホームページには、多少で審査に通らなかった方も相談に乗りますとあります。
キャッシングの申込には、必ず審査があり、個人信用情報機関での内容確認があります。
1つでも金融事故があると審査が通らない大手消費者金融などでも、自社審査なら、その基準に合う範囲内の事故情報でもキャッシングができます。

自社審査でも総量規制範囲内

消費者金融は、年収3分の一の範囲内のキャッシングしかできないことになっています。
自社審査で、金融庁からの登録番号がある正規の消費者金融では、必ず総量規制範囲内での自社審査になります。
ですから、総量規制オーバーの借り方はできません。
ヤミ金など法外な貸金業者でないことから、カードローン審査が甘いというだけの話です。
融資額は、ブラックの内容に対応しますが、小口融資が多いです。
信用が低い事も関係しますが、中小消費者金融の自社審査で最初から大口融資は望めません。
ただ、不動産担保ローンやビジネスローンの自社審査に関しては、物件や事業内容によります。
フリーローンとは少し違う審査になりますが、銀行と比較をしても柔軟です。

金利は高め

審査が柔軟であれば、金利は少し高めです。
消費者金融の法律の利息制限法では最高金利は20%です。
大手消費者金融では17%前後ですから、3%程度の差です。
借入額が大きくなると影響が出る数字です。
ですから、小口融資で様子を見るというのも消費者金融が和の思惑です。

自社審査の消費者金融では専用ローンカードを使うところは少ないです。
必要書類も多く、契約書などがあります。
そして、カードでなく、指定口座の振り込みで希望額だけの借金の形になります。
信用ができるまで追加融資はできないです。
完済実績で信用情報を積み上げて行くのですが、高い金利に完済という返済能力が高くなければ、自社審査は難しいともいえます。

債務整理などにも対応

返済能力の高さが要求されますが、債務整理後の方などは自社審査は嬉しいことです。
既に自己破産などで返済がないときのキャッシングであれば、収入が安定し返済意欲があれば、完済も簡単なことでしょう。
自社審査のメリットが一番感じられるブラックリストです。
前述の消費者金融アロー、カードローンができる消費者金融セントラルなどは全国対応の自社審査消費者金融です。

街金融ともいう

中小消費者金融は、中堅消費者金融、街金融とも言いますが、ヤミ金ではありません。
借入方法は大手消費者金融と同じです。
最短1時間程度のアローを始め、インターネットでの申込もできます。
しかし、電話だけの対応、対面審査がある自社審査もありますが、キャッシングの可能性としては、それこそどこまでの審査なのか?と言うところです。
口コミなどで、審査が甘い、極甘というところも情報として掲載されていますか、参考にしてみてください。
申込者の最低限の条件としては延滞をしていないことと、収入があることです。
個人信用情報機関の内容の金融事故に関しては、自社審査の柔軟さがものを言います。
dokujishinsa360x120.jpg