消費者金融独自審査【借りれる!】街金融の自社審査さほど甘いものはない!

消費者金融の独自審査は甘い!ゆるい!!大手消費者金融で断られた方必見の自社審査!!

dokujishinsa360x120.jpg

キャッシング 独自審査

2018年10月26日 16時53分

  1. お金を何とかして借りたい
  2. 消費者金融会社で借りる
  3. 中小消費者金融会社から借りる
  4. ブラックでも借りれる?
  5. 独自審査でキャッシング
 
dokujishinsa360x120.jpg
 

お金を何とかして借りたい

明日までに、なんとかまとまったお金を用意しなくてはいけない。実際に何もない状態から明日までにお金を用意しなくてはいけない状態というのも考えにくいものです。

事故に遭うか事故を起こしてしまったかといったことでも、そんなに急にお金を工面できるものではありません。たいていは前からわかっていたのに、事態をずっと先延ばしにしていたツケが出たということでしょう。都合の悪いことはどうしてもやる気が起きず、片付ける気にもなれずに先延ばしにしてしまいがちです。

しかし、泣いても笑ってもそのときはやってきます。そして明日までにお金をなんとかしなくてはいけないという切羽詰まった状況にまで自分を追い込まないと何もしないのです。

もっとも、後がない状態ではないと、やりたくないことはできないものでしょう。しかし、お金はすぐには調達できないのが大多数の人です。1万円や2万円程度でしたら、友人知人からお金を借りることもできるでしょう。しかし、それ以上となると借りにくいですし、友人にも生活があるので無理は言えません。

身内に頼るという方法もあるのですが、身内に資金が潤沢にあるようでしたらいいのですが、なければだめでしょう。そうなるとお金を自分で作るのも難しいと思います。金目のものがあってそれを売れば数万円とか数十万円になるものでしたら、それ自体の価値はもったあるはずですから、お金に困って切羽詰まっているときにそういったものは放出しないほうがいいのです。

そうなると、後は銀行や消費者金融会社からお金を借りることになります。最初の借金でしたら、銀行からお金を借りることを模索したほうがいいでしょう。というのも、銀行カードローンと消費者金融会社のカードローンを比較すると、銀行カードローンのほうが金利が低いのです。これはどの銀行のカードローンでも同じです。

どこで借りても同じ価値のお金ですから、そういった場合どう考えても銀行カードローンからお金を借りたほうが返済利息が少なくて済むのです。同じ商品なら少しでも安いお店から買いたいのと同じ理屈ですね。ですから、お金を借りるのでしたら、銀行カードローンに融資の申し込みをするといいでしょう。

もっとも誰でも銀行カードローンからお金を借りることができるわけではありません。カードローンの申込条件というのがあります。これには二つの条件があり、一つは満年齢が20歳以上というものです。これについては問題はないでしょう。

もう一つは、「安定した収入のある人」という条件です。安定した収入のある人の解釈は銀行と消費者金融会社でかなりの違いがあります。もっとも同じ解釈であれば、誰でも金利の低い銀行からお金を借りることでしょう。この判断基準に違いがあるからこそ、消費者金融会社の存在意義があるのです。

銀行カードローンは誰でも気軽にお金を借りることはできません。融資条件を満たしていたとしても、それで銀行からお金を借りることができるわけではないのです。あくまでも申し込みするための条件を満たしているというだけで、銀行はそこからお金を申し込み者に貸してもきちんとお金を返済してくれるのかを審査するのです。

また、申込み条件というのはある程度の判断基準であって、申込みをする側からすると、自分は申込み条件を満たしていると勝手に思い込んで申込みをするのです。銀行もそれを見越して申込み順にとくに弾くことなく審査を行っていくのです。

銀行カードローンで安定した収入のある人の定義は、正規雇用の人です。つまりは正社員ということになるのですが、こういう人たちは、雇用が会社から保証されています。終身雇用が崩れたといわれて久しいですが、それでも自分から辞めないかぎり、会社から強制的に首になることはありません。リストラにしても自分が納得するからリストラに遭うわけで、断固拒否して会社に居続けることができるのです。

そういったように会社から身分を保証されているのが正社員の強みですし、銀行からみると将来的にも安定した収入を継続することができるということになるのです。そうなるといくら融資をしても十分に返済能力があるということを判断することで、銀行カードローンの審査に通ることができるのです。

一方で銀行カードローンの審査に通らないあるいは通りにくいのが、非正規雇用の人です。これはパートアルバイトの人や派遣社員、あるいは契約社員の人です。雇用形態が非正規雇用ですから、雇用契約も有期になります。ということは、3ヵ月あるいは6ヵ月または1年というスパンで雇用契約が更新されます。この更新も会社側が更新しなければその時点で会社を退職ということになります。こうなると、銀行から見ると収入が安定していると見ることはできないのです。

ですから、銀行カードローンの審査に通らないということになります。銀行カードローンの審査厳しいのは、銀行カードローンの原資が預金者から預かったお金ということが大きいです。貸し倒れを銀行は極端に嫌いますから、返済能力の高い人、すなわち正規雇用されている人に優先してお金を融資するということです。

もっとも、銀行カードローンで気をつけなくてはいけないのが、即日融資に対応していないということです。ですから、その日のうちにお金が欲しいという要望には応えられないということになります。そういえば一頃はメガバンクを筆頭に即日融資とかスピード融資という言葉をよく見かけたのですが、最近はそういったことを見ることはありません。

それは銀行カードローンの審査に警察庁のデータベースへの照会業務が組み込まれたからです。この照会情報を得るのが当日ではできなくなり、翌日以降に照会情報を得ることができるということなのです。これは、不正融資を防止するために施策であり、銀行に課せられているということです。そのため、銀行カードローンの即日融資はできなくなったということですね。
 
▲メニューに戻る
 
dokujishinsa360x120.jpg
 

消費者金融会社で借りる

属性に不安があって直接、大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをする人もいるでしょう。また、銀行カードローンの審査に落ちて消費者金融業者からお金を借りようと思っている人も少なくないと思います。

属性が低いということは信用情報に難があるか、雇用形態が非正規雇用の人でしょう。それでも消費者金融会社でしたら、雇用形態に関係なく収入があれば、審査に通る事は難しくありません。消費者金融会社かのローンの利用者はかなりの数に上っているとある調査からもはっきりとしているのです。

消費者金融会社も、大手消費者金融会社から、中小消費者金融会社、さらにはもっと小規模な街金までさまざまです。また、間違えてはいけないのは街金と闇金は違います。というよりも闇金の存在自体が非合法なのです。

延滞などをくりかえし、結果として返済不能となると、あるいは延滞中でしたら、新しくお金を借りることはできないでしょう。そういったときに闇金が忍び寄ってくるのです。人の弱みにつけ込んでという言葉通りにお金を貸してくれて、あとは高金利で厳しく取り上げるのです。ですから、闇金からは絶対にお金を借りてはいけません。

もっとも実際にはよくわからないと思います。消費者金融会社からお金を借りる場合の金利は年利で20%です。それを闇金は10%といって貸し出します。しかし、それは十一ですから、10日で1割つまり10%なのです。年利にするととんでもない金利になってしまいます。ですから、闇金からお金を借りてはいけないのです。

例え少額であっても、利息分だけ返済して元金は一向に減らないということにもなりかねません。また、大手消費者金融会社のカードローンは消費者金融会社のローンの中でも審査が厳しいです。ですから、属性が落ちている人、延滞履歴がある人でしたら、審査に通らないかもしれません。そのようなときは中堅消費者金融会社に融資の申し込みをするといいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
dokujishinsa360x120.jpg
 

中小消費者金融会社から借りる

大手消費者金融会社からお金を借りることができないときは、中小消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。中小消費者金融会社のローンは、大手消費者金融会社よりも審査基準が緩やかです。

ここで中小消費者金融会社の説明をすると、業容が大きい中小消費者金融会社でしたら、大手並みとはいかないまでもカードローンを取り扱っているところもあります。一部の中小消費者金融会社に限られるのですが、業容も大手消費者金融会社に匹敵するくらいのところもあるのです。

一方で街金と比較されるくらいに小さな中小消費者金融会社もあります。具体的な業容で、中小消費者金融会社と街金を分ける明確なラインというものがあるわけではないのですが、昔からの慣例で分けられていることが多いのです。

ある口コミなどでは、金融事故を起こしてブラックとなった人でも、中小消費者金融業者からお金を借りることができるという情報が流れることがあります。ブラック状態になっているということは、債務整理を行って返済利息を少なくしてもらうか、債務の減額をしてもらっているということで少なからずというか、大きな迷惑を金融機関や貸金業者にかけているのですから、社会的制裁としてブラックになった人にお金を貸さないというようになっているのです。

もっともこれは法律で決められているわけではありません。ですから、中小消費者金融会社や街金の中にはブラックでもお金を貸す貸金業者が現われるのです。
 
▲メニューに戻る
 
dokujishinsa360x120.jpg
 

ブラックでも借りれる?

気になるのは、ブラックでも消費者金融会社で借りることができるのかということです。これは、信用情報機関を利用して審査を行っている消費者金融会社でしたら無理です。

というのも、ブラックになった人は信用情報機関に金融事故を起こした旨が記録されているからです。それが記録されているからこそのブラックということです。その情報は信用情報機関を通じて共有されているので、その情報を照会した場合はその時点で審査NGとなります。

それではブラックはどこからも借りることができないのかというと、それも法律で決められているわけではありません。ということはどこか消費者金融会社の中にはブラックでも融資をするところがあるかもしれません。
 
▲メニューに戻る
 
dokujishinsa360x120.jpg
 

独自審査でキャッシング

消費者金融会社の審査が、どこも信用情報機関に申し込み者の信用情報を照会しているわけではありません。中には信用情報機関を通さずに独自の審査を行っている貸金業者もあるのです。そういった貸金業者が行っている独自審査は過去の信用情報などは不問として、現在の属性のみで審査を行う方法です。

どういった審査を行うのかというと、電話による在籍確認と収入を証明する書類の提出です。これはつまり、現在きちんと働いているかを確認することで、審査OKということになるのです。

ネットでもブラックでもお金を借りることができたという書き込みがたまに見られることがあります。勘違いしてはいけないのは、ブラックでも必ず独自審査でお金を借りることができるというわけではないのです。そこはしっかりと頭に入れておかなければいけません。
 
▲メニューに戻る
 
dokujishinsa360x120.jpg
dokujishinsa360x120.jpg